リナルク都市設計TOP > 仲介手数料について

仲介手数料について

不動産物件を扱っている仲介業者にとっての収入源はお客様から頂く仲介手数料です。
ここでは仲介手数料について詳しくご説明いたします。仲介手数料とは仲介業者に支払う報酬ですが、売買代金に応じて請求できる報酬額の限度が法律で決まっています。

仲介手数料の金額

上記のように仲介手数料の上限金額は宅建業法で定められています。
つまり3,000万円の不動産を不動産業者の仲介により購入したとすると・・・・
3,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税=103万6千円
103万6千円が仲介手数料の上限になります。仮に103万6千円仲介手数料を支払ったとすると、不動産業者の売上は103万6千円になります。
本当に103万6千円だけなのでしょうか・・・・・・・ 実は、物件によっては倍の207万2千円の売上になる物件もあるのです。不動産業界の流通システムのコンテンツをご覧になった方はうすうすお気づきかもしれませんが、物件によっては売り手・買い手双方から仲介手数料がもらえる場合があるのです。

パターン1

パターン1の例は売主が不動産仲介業者Aに売却依頼をし不動産業者専用データベース【レインズ】に物件情報を登録し、その物件情報をレインズを介して不動産仲介業者Bが買主に紹介し成約に至った例です。このパターンでは不動産業者Bは買主からしか仲介手数料をもらえません。
業界ではこのようなパターンを「片手」・「分かれ」とよんでいます。

パターン2

パターン2は売主が不動産仲介業者Aに売却依頼をし媒介契約を結び、買主に物件を紹介して成約に至った例です。
このパターンでは不動産仲介業者Aは売主・買主双方より仲介手数料がもらえることになります。
業界ではこのようなパターンを「両手」などと呼んでいます。

両手物件の仕組み

ひとつの不動産売買を仲介するということは、物件調査から始まり、重要事項説明・契約業務・決済・住宅ローン斡旋など業務が多岐にわたり大変な仕事ですが、片手物件(買主からのみ手数料が入る物件)を仲介するのと両手物件を仲介する手間は実はほとんど変らないのです。
つまり、同じ仕事をしているのに紹介する物件によっては、仲介業者の売上が2倍も違うということになります。

不動産業者は両手物件から紹介します

当然といえば当然なのかもしれませんが、多くの不動産業者や営業マンは両手物件を優先してお客様に紹介する傾向にあります。
同じような物件が両手物件1件と片手物件1件とあったら両手物件を優先して紹介するということです。
しかしお客様が実際に両方の物件を見学したら片手物件の方を気に入るかもしれません。
ひどい不動産業者は片手物件は一切紹介せず両手物件のみを紹介する業者もいるようです。
これではお客様は公平な立場で物件選びが出来ていないといえます。
リナルク都市設計ではお客様から手数料をいただく事がない為、このような不公平な取引を一切いたしません。
逆に、気に入って頂ける物件を数多くご提案し、多くのご契約を頂ける事の喜びの方が大きいと考えております。

リナルク都市設計は不動産購入時の仲介手数料が0円

仲介手数料0円システム
女性

無料会員登録

無料

物件公開数/会員様ログイン

一般公開物件数159
会員公開物件数56
メールアドレス
パスワード

リナルク都市設計

株式会社リナルク都市設計

〒252-0237
相模原市中央区千代田6-1-19
メゾンボヌール1F

0120-0556-18

営業時間:9:30~18:30
定休日:水曜日